鈴木会計事務所の所長 鈴木久美子のブログです。
中小企業の経営者とのお付き合いもかれこれ30年。
会計や税金の話にこだわらず、色々と書いてみましょう。
<< 記帳って何?どんなもの? | main | 決算は創るもの >>
0
    複式簿記の記帳と集計
    JUGEMテーマ:経営
    JUGEMテーマ:起業

    現金出納帳や預金出納帳に記帳した後は、複式簿記で「仕訳」して集計します。

    複式簿記って何やねん? 

    とよく聞かれますが、儲けと財産の両方を一度に管理しようとするシステムです。
    資本を投下して物を購入し、材料や商品を仕入れ、人を雇って給料を支払い、商品や製品を販売して回収し、預金や現金という資金になるまでを一元管理するわけです。
    また、会計期間(1年が多い)ごとに損益や財産を集計把握するためには適正な期間損益計算を
    する必要があり、複数年にわたって使用する財産は減価償却という方法で毎年の費用又は必要経費を計算します。会計期間に属さない未収、前払い、未払い、前受の入出金は損益から除いて資産・負債に計上します。期間中の売り上げに対応した原価も前期末の在庫を原価に算入し、当期末の在庫を原価から控除することで計算します。

    そのために「仕訳」が必要になります。

    会計事務所の得意先である中小企業では、自前で複式簿記による記帳を完璧にできるところが少ないので、補足修正はこちらで行うことになります。

    取引の記録を全て記帳し、複式簿記で仕訳し、集計することで自身の事業がどういう状態で財産はどうなっているかがわかります。借金をいくら借りて、月々いくら返済し、利息をいくら払って・・・。ということも把握しておく必要があります。資金ショートしたら終わりだからです。

    経営者は複式簿記の仕訳を自分でする必要はありませんが、集計結果を見て会計事務所の担当者と経営内容について懇談し、事実認識と今後の展開を相談する必要は大いにあります。

    (用語の説明)
    費用又は必要経費:会計用語。費用は法人組織で、必要経費は個人事業で使用する。
    | miny | 起業する前に | 16:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://skoffice.suzuki-kaikei.biz/trackback/12
    CALENDAR
    SMTWTFS
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ